糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病と尿糖・血糖値の関係

糖尿病で尿に糖が出ている状態は、糖尿病がかなり進行しているといえます。血液中の糖は腎臓でろ過されて腎尿細管で再吸収されます。ところが、血糖値があるレベルを越えると、再吸収できずに尿中に糖が排出されるようになります。これが尿糖として検出されます。尿中に糖が排出されるときの血糖値が腎閾値(じんいきち)です。一般的に血糖値が160~180mg/dLを越えると尿に糖が出るといわれています。ただ、尿糖検査の結果が陽性でも、ただちに糖尿病と診断されることはありません。血糖値が高くなくても尿に糖が出やすい腎性尿糖である場合もあります。尿糖検査の結果が陽性ならば、血糖検査をして血糖値が高いかどうかの確認をします。

血糖値とは血液中に溶け込んでいるブドウ糖の濃度です。血糖値の程度(インスリン作用不足の程度)で糖尿病の病期の分類がされます。血糖値は食事をとると高くなり時間がたつにつれて低くなります。健康な人の空腹時血糖値はおよそ100以下で、食後の高いときでも160を越えることはないとされています。高血糖が続くと、急性・慢性の合併症を発症して日常生活に障害が起こりますが、早期発見・早期治療で血糖をコントロールすれば合併症の発症や進行を食い止めることは可能です。

糖尿病は尿糖検査・血糖検査・糖負荷試験などの検査で血糖値を調べることができます。尿糖検査で陽性でも、血糖検査の結果が正常値の場合は、糖負荷試験が必要になります。これら検査結果が境界領域の血糖値であっても安心はできません。これは糖尿病予備軍の血糖値ですから、糖尿病に進行しないよう、悪しき生活習慣に思い当たる場合は積極的に改善するように努め、食事療法や運動療法で正常値に血糖値を下げるよう血糖をコントロールすることが大切です。

空腹時血糖値110 – 125mg/dlを境界域(糖尿病予備軍の基準値)としていますが、早期に治療を開始すべく空腹時血糖値を「100mg/dl~」に引き下げる動きが広がっているようです。また、食後の高血糖が数年間続いた後に、空腹時血糖値が悪化して境界領域になることが多いため、食後の血糖値が糖尿病早期診断には重要といわれるようになりました。食後1時間値が180mg/dl超の場合は、食後2時間値が140mg/dl(正常型)であっても将来糖尿病になりやすいので注意が必要です。
通常の定期検診では食後血糖値の検査はありません。もし、予備軍ならば、食後血糖値の検査を受けることをおすすめします。

 - 糖尿病の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事