糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病とインスリンの関係

糖尿病とは、インスリンの作用が低下したことで、血液中のブトウ糖濃度(血糖値)が高い状態、つまり高血糖が継続している状態です。インスリンは唯一血糖値を下げるホルモンで、細胞が血液中のブドウ糖を取り込んでエネルギーとして利用するのを助ける働きがあります。

血糖値を下げる働きのあるインスリン作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり高血糖の状態が継続する糖尿病になります。インスリンの作用不足の原因には、膵臓のインスリン分泌の能力の低下、インスリンに対する臓器(細胞)の感受性の低下、の2つがあります。
インスリンの供給不足の状態がインスリン分泌不全で、膵臓のβ細胞の破壊や不調によって起こります。感受性の低下(インスリンの効果が出にくい)の状態がインスリン抵抗性です。インスリン抵抗性は環境因子と遺伝因子が関わっています。単独で糖尿病の原因になっていることは稀で、これにブドウ糖毒性が絡み合って糖尿病の成因になっています。ブドウ糖毒性とは高血糖そのものがインスリン分泌不全とインスリン抵抗性を憎悪させることです。

インスリンの作用とは

糖尿病と切っても切れないのがインスリンです。糖尿病はインスリン作用の低下によって発症する病気です。インスリンは膵臓組織の中に島状に数多く散在するランゲルハンス島のβ細胞から分泌され、糖代謝だけでなく、脂質・蛋白質代謝にも作用するホルモンです。
ランゲルハンス島と呼ばれる細胞の塊にはα細胞とβ細胞があって、血糖値が低くなるとα細胞がグルカゴンを分泌し、血糖値が高くなるとβ細胞がインスリンを血中に分泌して血糖値をコントロールしようとします。インスリンが分泌されると細胞組織の細胞膜にあるインスリン受容体と結合してブドウ糖が組織内に入れるようになります。この仕組みによって、細胞は栄養をもらいと同時に血液中のブドウ糖が減少し、食後に上昇した血糖値も正常な血糖値にもどることになります。

インスリンが鍵ならばインスリン受容体(レセプター)が鍵穴にあたります。ところが、鍵が少かったり鍵穴に異常がある状態が続くと血液中のブドウ糖の量が多い状態が続いて糖尿病と呼ばれる状態になります。鍵が少ないのがインスリン分泌不全、鍵穴に鍵が入らない・入りにくいくなったりする異常がインスリン抵抗性です。

肝臓・筋肉・脂肪組織でのインスリン作用は、およそ次のとおりです。

  • 糖代謝:筋肉や脂肪組織へのブドウ糖の取り込みを促進、筋肉や肝臓でグリコーゲン(ブドウ糖の貯蔵型の糖の形)を蓄積、肝臓からの糖放出を抑制
  • 脂質代謝:肝、脂肪組織での中性脂肪合成の促進
  • 蛋白代謝:筋肉組織での蛋白合成促進、アミノ酸の取り込み促進、アミノ酸の蛋白への取り込み促進
※血糖値を上げるホルモンには、グルカゴン、アドレナリンなどのカテコラミン、成長ホルモン、副腎皮質ステロイド、いくつものホルモンがあります。

 - 糖尿病の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事