糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病とヘモグロビンA1cの関係

血液検査の項目に「HbA1c」があります。HbA1c(ヘモグロビンA1c)値は過去1~2ヶ月の血糖の状態を反映しています。血糖値は血液検査をしたときの血糖状態ですから、1ヵ月前の検査結果よりも、血糖値が下がっているのにHbA1c値が上がっている、逆に、血糖値が上がっているけれどもHbA1c値が下がっている、といったことも起こりえます。
HbA1c(ヘモグロビンA1c)は、一時的な生理的な状態に影響を受けず、糖尿病の重症度とも相対関係があるため、糖尿病の診断だけでなく治療経過(糖コントロールが良いかどうか)を把握するにも重要になっています。長い目で見ると、血糖値だけでなくHbA1c値にも注意を払う必要があります。

血液中の糖分が多くなるとヘモグロビンA1c値も上昇します。ヘモグロビンA1cの正常値は4.3~5.8%、5.6%以上なら境界型か糖尿病、6.1%以上になると糖尿病の可能性が高いといえます。8%を越えた状態が続くと合併症を起こすといわれています。

※「HbA1c」とは「ヘモグロビンA1c」のことで、グリコヘモグロビンの1種です。ヘモグロビンAのβ鎖のN端末にグルコース(ブドウ糖)が結合したものがHbA1c(ヘモグロビンA1c)で、血糖の状態を示す数値として糖コントロールの指標とされています。ただ、貧血があったりすると正しい指標になりません。それを補うのがグリコアルブミン(GA)や1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)の検査です。

 - 糖尿病の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事