糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病になりやすい日本人

欧米人に比べて日本人は糖尿病になりやすいといわれています。一般的に日本人はインスリン分泌力が弱いことや、倹約遺伝子(肥満遺伝子)を持っていることが多いなどの日本人の農耕民族の特性に加えて、欧米化した食事に伴って、ちょっとした過食で血糖値が上昇しやすく、肥満になりやすく、それほどの肥満でなくとも糖尿病になりやすい状態です。これらのことから若年層の糖尿病患者数は増加傾向にあります。

日本人の約三分の一にβ3アドレナリン受容体の異常があり、日本人の約96%に脂肪細胞を肥大化させるPPARy遺伝子があるといわれています。β3アドレナリン受容体に異常があると、正常な人に比べて基礎代謝量が少なく、同じエネルギーを摂取しても体脂肪が増えやすい、つまり「太りやすい」です。そして、肥大化した脂肪細胞が分泌するホルモン(アディポサイトカイン)はインスリン抵抗性を作り出しますから、糖尿病のリスクを高めます。

 - 糖尿病の原因

PC用

PC用

  関連記事