糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の型(糖代謝別分類)

糖代謝の検査結果で、正常領域・境界領域・糖尿病領域に分類され、それぞれが正常型・境界型・糖尿病型となります。糖尿病型には、インスリンが不要または高血糖是正にインスリンが必要なインスリン非依存型と、生存のためにインスリンが必要なインスリン依存型があります。
糖代謝異常の程度によって、無症状の病態からケトアシドーシスや昏睡の病態など広範囲の病態があります。境界型は糖尿病予備軍となり、糖尿病に準じた食事療法や運動療法で血糖値を正常型のレベルに下げることが望まれます。

糖尿病の糖代謝別の型

糖代謝を数値で判定すると、次のようになります。境界型と糖尿病型には糖代謝異常がみられます。この判定結果で診断がくだされます。

  • 正常型:正常型の基準数値は、空腹時血糖<110mg/dl、且つ、糖負荷試験2時間値<140mgd/dl
  • 境界型:糖尿病型でも正常型でもないものです。
  • 糖尿病型:糖尿病型の基準数値は、空腹時血糖≧126mg/dl、75g糖負荷試験 2時間値≧200mg/dl、随時血糖値≧200mg/dl、これらの内1項目を満たした場合です。

 - 糖尿病の基準

PC用

PC用

  関連記事