糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の診断基準

糖尿病の診断には慢性高血糖であることの確認が必要です。糖尿病と判定するために、空腹時血糖値・75gOGTT2時間値・随時血糖値の検査をおこない、その結果の糖代謝異常の程度により診断されます。糖尿病の診断基準となる糖代謝異常の判定方法は次のとおりです。

○異なる日に行った2回以上の検査結果で、空腹時血糖値≧126mg/dl、75gOGTT2時間値≧200mg/dl、随時血糖値≧200mg/dl、のいずれかが確認できれぱ糖尿病と診断されます。

○上記結果において、1回の検査だけなら糖尿病型と診断されます。

○1回の糖尿病検査であっても、糖尿病の典型的症状(口渇・多飲・多尿・体重減少)、HbA1C≧6.5%、確実な糖尿病網膜症、血糖値が基準値を著しく超えているなど、が認められる場合は糖尿病と診断されます。

 - 糖尿病の基準

PC用

PC用

  関連記事