糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の予兆を健康診断で

健康診断の検査結果を見て糖尿病の予兆を見逃さないようにしましょう。糖尿病は自覚症状が殆どありませんが、糖尿病の予兆は健康診断の数値に表れます。糖尿病に関わる数値を正常に維持または近づける努力で糖尿病の発症や進行のリスクを減らすことが可能です。

糖尿病に関わる健康診断の検査項目

BMI:【BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)】肥満度25以上が肥満です。肥満の人の糖尿病の発症率は肥満でない人の約5倍といわれています。

血糖値(空腹時血糖値):空腹時血糖値の正常域は70~110mg/dlです。126mg/dl以上で糖尿病域と診断されます。正常域でも糖尿病域でもない境界域の血糖値の場合はより詳しい検査が必要です。

HbAlc(ヘモグロビンA1c、グリコヘモグロビンの1種):HbAlcは過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映します。6.5%以上で糖尿病と診断されます。

総コレステロール値:基準値(120~219mg/dl)より高いと糖尿病が疑われたり、糖尿病の原因になります。

中性脂肪:基準値(30~149mg/dl)より高いと糖尿病が疑われたり、糖尿病の原因になります。

尿素窒素:基準値(8~20mg/dl)より高いと糖尿病が疑われたり、糖尿病の原因になります。

HDLコレステロール:基準値(40~70mg/dl)より低いと糖尿病が疑われます。

尿糖:陰性(-)が正常です。陽性(+)で糖尿病が疑われます。

 - 糖尿病の検査診断

PC用

PC用

  関連記事