糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病かどうか診断する検査

尿糖が検出されたり血糖値が高めなど糖尿病が疑われる場合は、糖尿病かどうか診断を下すためのより詳しい検査をします。血糖値やヘモグロビンA1cの検査の他に、糖尿病性網膜症かどうかの眼底検査などに基づいて診断がなされます。

血糖値検査では、1回の検査だけでも、HbA1Cが6.5%以上、糖尿病性網膜症が認められる、血糖値が著しく高い、糖尿病の典型的な症状(口渇・多飲・多尿・体重減少)が高血糖と一緒に認めらる、といった場合には糖尿病と診断されます。

血糖値を調べる診断検査

血糖値を調べる検査には、血糖検査(空腹時・随時)とブドウ糖経口負荷試験があります。血糖値の検査結果は、判定基準値に基づいて正常型・境界型・糖尿型に分けられます。

  • 正常型:空腹時値とブドウ糖負荷後2時間値のどちらもが正常域の場合
  • 糖尿病型:空腹時値またはブドウ糖負荷後2時間値のどちらか、もしくは両方が糖尿病域の場合
  • 境界型:正常型でも糖尿病型でない場合

 血糖検査

血糖検査(空腹時・随時)を、異なる日に2回行って糖尿病かどうか診断されます。1回目の検査で、空腹時血糖値≧126mg/dl、随時血糖値≧200mg/dl、75gOGTT2時間値≧200mg/dl、のいずれかが認められれば糖尿型と診断され、同検査を異なる日に行った2回目においても高い値が認められれば糖尿病と診断されます。
空腹時血糖値とは、朝食を抜いた空腹時の血液検査で血糖値を測定する検査方法です。血糖値による糖尿病の診断の中では最も基本的な検査方法です。空腹時血糖値による診断基準値は、

  • 糖尿病域:126mg/dl以上の糖代謝異常
  • 境界域:110~ 125mg/dlの糖代謝異常
  • 正常域:70~110mg/dl

 ブドウ糖経口負荷試験

ブドウ糖経口負荷試験(75gOGTT)とは、75gのブドウ糖液を飲んだ後の血糖値の変化を調べる検査です。ブドウ糖経口負荷試験は、食後に血糖値が急上昇するタイプの糖尿病を検査するのに有効とされています。空腹時血糖値が150㎎/dl以上、食後の血糖値が250以上になったことがある人の場合は、血糖値が極端に上がり危険です。
ブドウ糖負荷試験は境界型か糖尿病型かをはっきりさせる検査として有効です。食後2時間血糖値とは、食べ始めから2時間後(食べ物のおよそ半分が腸に移動する頃)の血糖値で、ブドウ糖負荷試験と言った場合は、通常食後2時間血糖値のことを指します。食後2時間血糖値の診断基準値は、

  • 糖尿病型:200mg/dl以上の糖代謝異常
  • 境界型:140~199 mg/dlの糖代謝異常
  • 正常値:140mg/dL未満

ヘモグロビン検査

ヘモグロビンA1c(HbA1c)≧6.5%が認められれば糖尿病と診断されます。ヘモグロビンA1c(HbA1c、グリコヘモグロビンの1種)は、食事や運動に影響され難く、いつ測っても過去1~2ヵ月前からの平均的な血糖値の状態を表します。ヘモグロビンA1c値は平均的な赤血球の寿命(約120日)の半分にあたる時期の平均血糖値に相当します。ですから、このことにより、ヘモグロビンA1c(HbA1c)は、血糖値とともに糖尿病の治療やコントロールの指標にもなります。

眼底検査

糖尿病性網膜症を発症していないかどうかは、眼底検査で目の網膜を観察します。眼底検査には精密眼底検査と蛍光眼底造影検査があります。糖尿病性網膜症が認められれば糖尿病と診断されます。

 - 糖尿病の検査診断

PC用

PC用

  関連記事