糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

1型糖尿病の特徴

1型糖尿病の特徴は、15歳以下の若年者が好発年齢で、発病に男女差はなく、比較的急激に発病することです。1型糖尿病の前兆(急の喉の渇き・ひどい疲れ・頻尿・やせなどの体調不良)の後に発病します。1型糖尿病の発症率は糖尿病全体の5%以下です。

1型糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されてインスリンが分泌されないため、生命維持にインスリン治療が欠かせない糖尿病です。インスリン依存型糖尿病(IDDM)と呼ばれた糖尿病とほぼ重なりますが、インスリン依存型糖尿病(IDDM)は病態(必要とされる血糖コントロールの状態)による分類であって、病型(発症原因)による分類ではないことが根本的に異なる点です。また1型糖尿病は小児から若年者に発症する傾向が高いのですが中年以降でも発症します。

 - 1型糖尿病

PC用

PC用

  関連記事