糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

2型糖尿病の特徴

2型糖尿病は糖尿病患者数全体の90%以上と圧倒的に多い病型です。2型糖尿病の特徴は、40歳以上の成人に多く、環境因子が大きく影響し、症状が現われない時期に徐々に血糖値が上昇していき、放っておくと症状が現われるころにはかなり進行していることです。糖尿病の発症の男女差は男性がやや多い状態です。成人に多い糖尿病が、食生活の変化に伴う肥満などで小児にも増加しつつあります。

2型糖尿病の初期は自覚症状がありませんが、定期健診などの検査で糖尿病の予兆は現れます。糖尿病と診断されない境界型であっても、血糖値を正常値に戻すべく、食事療法や運動療法で糖尿病の自己管理と同様の努力をすれば、糖尿病への進行を食い止め、しいては糖尿病の合併症を回避することが可能です。

2型糖尿病の治療は主に食事療法と運動療法です。内服薬で治療効果が期待できない場合は、糖コントロールのためにインスリンによる治療が行われることがあります。

 - 2型糖尿病

PC用

PC用

  関連記事