糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

妊娠中の糖代謝異常と妊娠糖尿病

妊娠中の糖代謝異常には、妊娠糖尿病(GDM)、妊娠中の明らかな糖尿病、糖尿病合併妊娠の3つがあります。妊娠糖尿病(GDM)は「妊娠中にはじめて発見または発症した、糖尿病に至っていない糖代謝異常」のことです。

妊娠中に診断された明らかな糖尿病は従来の妊娠糖尿病(GDM)に含まれていましたが、「妊娠中の明らかな糖尿病」として妊娠糖尿病(GDM)から切り離されました。妊娠初期と中期に行われる妊娠糖尿病のスクリーニング検査の結果で、妊娠糖尿病の基準よりも高く、糖尿病の基準も満たす場合は、妊娠中の明らかな糖尿病と診断され、妊娠糖尿病よりも厳格な管理が必要になります。妊娠前に既に糖尿病と診断されている糖尿病合併妊娠では、厳格な血糖管理が必須です。妊娠時の血糖管理は、低血糖のリスクを最小限にとどめて、出来るだけ健常妊婦の日内変動範囲に近づけることが目標になります。

妊娠糖尿病は周産期が終わると改善して耐糖機能は正常化するのが一般的です。ただ、代謝異常が少しであっても母体や胎児に与える影響が大きいですから、妊娠糖尿病の早期発見と早期治療は重要です。妊娠糖尿病で注意すべきは、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になりやく、後年に真の糖尿病に移行しやすく、胎児に合併症が起こりやすく、子どもが将来糖尿病になる可能性がある、などです。

妊娠中の糖代謝異常の診断基準は、あくまでも妊娠中の基準です。妊娠中に糖代謝異常があると診断された場合は、産後に改めて「糖尿病の診断基準」に基づいた判定が必要です。妊娠糖尿病では、産後にブドウ糖経口負荷試験によって、正常型・境界型・糖尿病型か判定します。妊娠中の明らかな糖尿病も、産後の再評価が必要になります。

※妊娠糖尿病: gestational diabetes mellitus (GDM)

※妊娠中の明らかな糖尿病: overt diabetes in pregnancy(overt DM)

※糖尿病合併妊娠: pregestational diabetes mellitus、pregnancy in diabetics

 - 妊娠糖尿病

PC用

PC用

  関連記事