糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

妊娠糖尿病の症状と治療

妊娠糖尿病は自覚症状がないことが多く、妊娠中の検査で診断されることも少なくありません。妊娠中に血糖値が高い妊娠糖尿病は、母体だけでなく胎児にも大きく影響を及ぼし、血糖値が高くなるに伴い母子に及ぼすリスクが高まります。母体では、早産・妊娠中毒症・羊水過多症・尿路感染症などの危険性が高まります。胎児では、巨大児や新生児の低血糖が起こりやすく、子宮内で胎児が死亡する不幸な結果になることさえあります。妊娠前から血糖値が高い可能性がある場合は、流産しやすく、生まれてきた子どもが先天異常を合併していることがあります。ですが、糖尿病の治療は進歩していますから、血糖値が正常に維持されていれば心配ないといわれています。そのためにも正しい糖尿病の知識を身につけておくことが大切です。

妊娠糖尿病の治療は食事療法から開始し、血糖値が非常に高いときはインスリン療法が行われます。妊娠中期以降の母体はインスリン抵抗性(インスリンが効きにくい状態)が現れるため、インスリン投与の増量で糖コントロールがされることももあります。経口糖尿病薬は、胎児への副作用などのリスクがあるため一般的には行われません。妊娠糖尿病になった場合は、将来2型糖尿病になりやすいため、出産後に血糖値が改善したとしても注意が必要です。妊娠前から血糖値が高かった可能性が考えられる場合は出産後も治療が継続されます。

 - 妊娠糖尿病

PC用

PC用

  関連記事