糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の人の妊娠

糖尿病であっても、正常に近い血糖コントロールができていれば、健康な人と同様に妊娠出産は可能です。ただ、妊娠は糖尿病を悪化させやすいので十分の注意が必要です。糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症などの糖尿病の合併症も妊娠で悪化する可能性もあります。
糖尿病の人が妊娠すると、妊娠中毒症・流産・死産・早産・巨大児分娩などのリスクが高まります。妊娠前から糖尿病の女性が血糖コントロールが不十分な状態であったり、妊娠中に糖尿病と気付かないでいたために、不幸な結果になってしまうケースもあります。糖尿病の女性が無事に出産できるようにするには計画妊娠が望まれます。妊娠中も厳格な血糖管理を行います。食事療法や運動療法で血糖コントロールができない場合はインスリン療法を積極的におこなうことになります。

血糖コントロールができれば糖尿病であっても妊娠出産が可能としても、リスクがあることに変わりはありません。妊娠中の糖尿病の治療は妊婦を中心に、医師、看護士、栄養士、助産婦などによるチームワークが重要になります。医療体制の整った病院を選びましょう。

 - 妊娠糖尿病

PC用

PC用

  関連記事