糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病と歯周病の関係

歯周病は糖尿病の合併症のひとつといわれています。糖尿病は歯周病を悪化させるだけでなく、歯周病も糖尿病を悪化せる相互関係が指摘されています。糖尿病の人は歯周病になりやすく治りにくい、そして、歯周病が糖尿病を悪化がさせている可能性がある、ということです。実際に、歯周病の治療で血糖値のコントロールがしやすくなったとの報告もあります。

歯周病は歯の周囲のハグキなどの組織の細菌感染による慢性的感染症です。糖尿病で血糖コントロールが不良で血糖値が高い状態では、唾液分泌の減少・白血球機能の低下・微小血管障害・コラーゲン合成の阻害・終末糖化物質(AGE)の産生が起こり、歯周病菌が増殖しやすい環境になり歯周病が進行すると考えられています。重度の歯周病になると炎症を抑えようと様々な炎症性サイトカイン(免疫細胞が出す物質)が上昇することで、インスリン対抗性が高くなり糖尿病を悪化させるといわれています。

歯周病を放置して歯を失ったりして軟らかい食べ物ばかりを食べるようになると、食後高血糖(食事の後に血糖値が急上昇する状態)を起こしやすいといわれます。糖尿病患者では糖尿病でない人に比べて、歯周病の罹患は約2倍以上との報告もあります。歯周病防止のためには、糖尿病を進行させない、口の中を清潔に保つことが重要です。

※歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別されます。歯肉炎は歯肉に炎症を起こしている状態です。歯肉炎の原因は、歯と歯の間や歯と歯肉の隙間に溜まった歯垢(プラーク)や歯石です。歯肉炎は軽度の歯周病です。歯肉炎の段階では歯槽骨の溶け出しはありません。
歯肉炎は歯周炎に進行し歯槽骨が溶け始めます。歯周病が進んで歯を支える歯槽骨が壊れると、壊れた歯槽骨や周囲の組織が膿として口の中に漏れ出します。この状態を歯槽膿漏と呼びます。

 - 糖尿病の合併症

PC用

PC用

  関連記事