糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の大血管障害

糖尿病の合併症という場合は、通常慢性合併症を指します。糖尿病の慢性合併症に血管障害があり、血管障害はさらに細小血管障害(細い血管に起こる障害)と大血管障害(太い血管に起こる障害)に分けられます。

大血管障害であげられるのが、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、脳血管障害(脳梗塞)、閉塞性動脈硬化症です。糖尿病の大血管合併症のなかでは心筋梗塞が最も多いといわれています。ただし、これら大血管障害は動脈硬化を基盤とした合併症で、糖尿病特有の合併症ではありません。糖尿病の合併症としても現われますが、糖尿病は危険因子のひとつで、高血圧・高脂血症・肥満・喫煙など他危険因子と絡み合って、糖尿病の発症や経過(病期)とは関係なく発症します。糖尿病がある場合は、糖尿病でない場合よりも重症で治療効果が悪いとされています。

※閉塞性動脈硬化症とは、腹部~下肢の動脈(大動脈下部~大腿動脈の範囲)によく見られる血行障害です。閉塞性動脈硬化症に関連して起こる糖尿病の合併症に、足趾壊疽があります。

 - 糖尿病の合併症

PC用

PC用

  関連記事