糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病のケトアシドーシス昏睡

糖尿病の急性合併症である糖尿病性昏睡のひとつにケトン性昏睡(ケトアシドーシス昏睡)があります。ケトアシドーシス昏睡とは、血液中に極度のインスリン不足が生じて、過剰にケトン体が蓄積されることて起こる糖尿病性昏睡です。1型糖尿病で、風邪などで食欲不振のときに低血糖になるのを恐れて薬の内服やインスリンを減らした結果にケトアシドーシスの状態になるなど、1型糖尿病で起こりやすい急性合併症です。
2型糖尿病では糖尿病性ケトアシドーシスは殆どない症状ですが、2型糖尿病でも、糖尿病性ケトアシドーシスとは無縁ではありません。肺炎などの感染症でインスリンの効果が低くなってケトアシドーシスを引き起こすことがあります。また、2型糖尿病患者がペットボトル飲料の多飲によってケトアシドーシスを引き起こす清涼飲料水ケトアシドーシス(ペットボトル症候群)があります。

急激にインスリンの作用不足が生じるとブドウ糖の利用ができないため、脂肪が代用されて副産物として産生されるケトン体が血液中に増えると、高血糖に加えて血液が酸性に傾いてケトアシドーシスという状態になります。
糖尿病性ケトアシドーシスの症状としては、多尿・脱水・皮膚緊張の低下・起立性低血圧・低血圧・頻脈にはじまり、血中ケトン体濃度が高くなると吐き気や嘔吐の症状が現われて体液が大量に失われ脱水症状を促進させます。ケトン臭を伴うクスマウル大呼吸と呼ばれる呼吸が特徴的な症状です。糖尿病性ケトアシドーシスを放置するとケトン性昏睡(ケトアシドーシス昏睡)に陥り、そのままにしておくと脱水状態の症状をきたして急性腎不全や急性心不全などに至ります。

糖尿病性ケトアシドーシスの治療は、入院による持続的なインスリン投与が必要です。また、脱水症状の改善・電解質の点滴静注・酸性化した体液の補正に加えて、糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こした原因の治療も必要になります。

※糖尿病の急性合併症である糖尿病性昏睡には、低血糖性昏睡、ケトン性昏睡(ケトアシドーシス昏睡)、非ケトン性高浸透圧性昏睡、乳酸アシドーシス昏睡があります。

※ケトアシドーシスとは、ケトン体(酸性物質)が血液中に増えることで血液が酸性の状態のことです。

※アシドーシスとは、動脈血のpH(水素イオンの濃度)が下がって酸性値に傾いている状態のことです。正常な血液のpHは7.35~7.45の弱アルカリ性です。

※糖尿病性ケトアシドーシス:Diabetic Ketoacidosis (DKA)

 - 糖尿病の合併症

PC用

PC用

  関連記事