糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性網膜症とは

糖尿病性網膜症とは、糖尿病による毛細血管の異常から起こる糖尿病特有の眼の病気(目に起きる糖尿病の合併症)です。網膜には細い血管が多く存在し、細い血管ほど糖尿病による血管障害を受けやすいため、糖尿病性網膜症を合併しやすいです。
糖尿病になってから5年~10年後には糖尿病患者数の約半数が糖尿病性網膜症を合併し、20年後には症状の程度の差こそあれ約8割が合併するといわれています。

糖尿病性網膜症は後天性の失明原因の第2位にもかかわらず、網膜には痛覚がなく重度の糖尿病性網膜症に進行しないと自覚症状がないため、突然の眼底出血や網膜剥離、視力低下を起こしてから気づくことが多いようです。

糖尿病性網膜症の治療は、症状の進行程度によって違います。糖尿病と診断されたら定期的に眼科的検診を受けて早期発見につなげることが大切です。軽度であれば血糖値のコントロールをするだけで、特別な眼科的治療もなく、経過観察で済みます。

※日本における中途失明の原因として糖尿病性網膜症が一位でしたが、平成18年に緑内障に次ぐニ位になりました。ですが、糖尿病性網膜症による失明人数は毎年増加しており、緑内障の原因の一部には糖尿病性血管新生緑内障も含まれていることは留意すべき点です。

※糖尿病性網膜症は、糖尿病性腎症と糖尿病性神経障害に並ぶ糖尿病の3大合併症のひとつです。

※眼底出血とは、網膜から硝子体までの出血を広く差します。

 - 糖尿病性網膜症

PC用

PC用

  関連記事