糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性網膜症の症状と治療

糖尿病性網膜症の初期は症状はありません。症状を自覚したときには網膜症がかなり進んでいることが多いです。網膜症がある程度進行すると自覚症状が現われます。目の前に蚊が飛んでいるような飛蚊症や、大量の眼底出血の場合は目の前が真っ赤に見えたり、網膜剥離による視野欠損や光視症などです。また、黄斑浮腫が起こると、視界の中心が暗くなったり見にくい部分ができるといった症状が現われ、網膜剥離と同様に視力が低下します。

糖尿病性網膜症は、進行状態によって単純網膜症・前増殖性網膜症・増殖性網膜症に分けられます。症状を自覚しない単純網膜症では、内科的治療による血糖値管理で経過観察になります。より進んだ前増殖性網膜症でも症状を殆ど自覚しませんが、進行を食い止めるための手術が行われます。明らかに自覚症状が現われる増殖性網膜症では、血糖値に関係なく網膜症が進行しますから、手術治療によって失明を避けることになります。

糖尿病と診断されたら定期的に視力検査と眼底検査を受けて、糖尿病性網膜症の症状が重症化する前に適切な治療や手術を受けることで、糖尿病が原因の失明を避けなければなりません。

糖尿病性網膜症の見え方

  • 物がぼんやり、かすんで見える
  • 蚊のようなススのような物が飛んでいるように見える(飛蚊症)
  • 視野が欠けて見えない部分がある(視野欠損)
  • 夜間に物が見えにくい
  • 直線が歪んで見える

糖尿病性網膜症の進行程度別の症状と治療

糖尿病性網膜症には、進行程度によって単純網膜症・前増殖性網膜症・増殖性網膜症の3段階があります。前増殖性網膜症になっても自覚症状はあまりなく、増殖性網膜症になってから明らかな自覚症状が現われます。この時期になると糖尿病の内科的治療に関係なく悪化し、眼科的な手術治療が必要になります。

 単純網膜症

初期の網膜症です。網膜に限局した眼底出血や網膜浮腫・白斑(進出物)がありますが、自覚症状はありません。糖尿病の内科的治療(血糖コントロールによる網膜症の進行をくいとめる治療)が中心で、眼科では定期検査(視力検査・眼底検査・眼圧検査など)による経過観察になり、糖尿病性網膜症の手術といった眼科的治療はありません。

 前増殖性網膜症

単純網膜症よりも悪化した網膜症です。広範囲で網膜血管に閉塞がおこり、網膜に酸素を十分供給できなくなり、不足分を補おうとして新生血管ができる準備段階です。この時期でも自覚症状はあまりありません。物がかすんで見える症状を自覚するようになりますが、全く自覚しないこともあります。次の段階の増殖性網膜症に移行することを防ぐ目的で、網膜光凝固術の手術が行われることが多いです。この時期の手術で、失明を回避できる可能性がかなり高まるといわれています。

 増殖性網膜症

重症度が最も高い網膜症です。網膜にもろく破れやすい新生血管が現われて硝子体にまで病変が拡大し、自覚症状が現われます。網膜の新生血管が破れて眼底出血(硝子体への広範囲の出血)を繰り返して増殖性変性や硝子体変性萎縮による網膜剥離を引き起こして失明のリスクが極めて高くなります。
増殖性網膜症の時期には、糖尿病の内科的治療に関係なく網膜症が進行しますから、網膜剥離や緑内障による失明を回避するために、積極的な眼科治療(手術治療)が必要になります。網膜光凝固術(レーザー光凝固)で効果が見られない場合は硝子体手術を行います。この時期の硝子体手術では、失明は避けられても視力回復はあまり期待できないようです。また、手術後に同じような症状を繰り返すことがあり、進行すれば網膜剥離や緑内障などを引き起こします。

 - 糖尿病性網膜症

PC用

PC用

  関連記事