糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性網膜症の手術

糖尿病性網膜症の手術治療には、糖尿病性黄斑浮腫や増殖性網膜症に対して行われる網膜光凝固術(レーザー光凝固)治療と硝子体手術があります。手術は後遺症や手術による合併症のリスクを伴います。納得した上で手術に臨むことが大切です。
また、糖尿病性網膜症は糖尿病の合併症ですから、手術そのものが成功しても、血糖値のコントロールが不十分な場合は、進行を食い止めることは難しいです。糖尿病の自己管理(血糖値の管理)をして大切な眼を守りましょう。

糖尿病性網膜症の網膜光凝固術(レーザー光凝固)

糖尿病性黄斑浮腫に対するレーザー手術治療の目的は、網膜の毛細血管瘤や浮腫(むくみ)にレーザーを照射して浮腫(むくみ)を軽減して視力改善を目指すことです。ただ、黄斑部の機能低下の進行程度によっては視力の改善がみられないことがあります。
増殖性網膜症に対するレーザー手術治療の目的は、血流の悪い部分の網膜にレーザーを照射して凝固させることで、網膜の黄斑部など大切な部分への酸素不足を改善して、新生血管の増殖や増殖性変化(増殖膜)を抑制し、増殖性糖尿病性網膜症の進行を食い止めることです。そして、増殖性網膜症の悪化による網膜剥離や緑内障による失明を回避することです。ただ、増殖性網膜症のレーザー治療は視力回復を目的としているものではないと考えたほうが良いようです。

糖尿病性網膜症の硝子体手術

糖尿病性黄斑浮腫に対する硝子体手術では、手術後に黄斑浮腫は急速に消失して半年~1年ほどで視力の改善が見られ、白内障も合併している場合は白内障手術も行われるため視力の改善が期待されます。
増殖性網膜症では、網膜から硝子体にかけての広範囲の眼底出血、網膜に増殖膜の形成、更に網膜剥離で極端な視力低下を引き起こします。増殖性網膜症の硝子体手術では、出血や濁りの吸引除去、網膜が引っ張られて牽引性網膜剥離を起こさないように増殖膜の除去、新生血管の電機凝固などを行います。網膜剥離や網膜裂孔(網膜に穴が開いている状態)の場合は、その処置を施します。

※糖尿病を患っていると白内障を合併していることが多く、白内障がある場合は、糖尿病性網膜症の網膜光凝固術(レーザー光凝固)治療や硝子体手術の際に、白内障の手術も同時に行われるのが一般的です。ただ、重度の糖尿病性網膜症を合併しているときは眼内レンズ挿入術はできません。

 - 糖尿病性網膜症

PC用

PC用

  関連記事