糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症とは、細小血管が障害される糖尿病特有の腎臓の病気(合併症)です。糖尿病のコントロールが甘く高血糖の状態が持続し、この慢性腎臓病(CKD)を放置し続けると、およそ30年で腎臓の機能が停止する腎不全に陥って人工透析が必要になってしまいます。
人工透析を始める患者の3人に1人は糖尿病性腎症の患者といわれています。また、他の病気で腎症になって人工透析を受けることになった人に比べて、人工透析を受ける糖尿病患者の生命予後は不良であるといわれています。

糖尿病になってから5~10年ほどで腎症を合併するといわれていますが、2型糖尿病ではいつ糖尿病になったか不明瞭のことが多いため、糖尿病と診断されたら定期的な尿中微量アルブミン検査で糖尿病性腎症の有無をチェックする必要があります。血糖コントロールをきちんと行うことで、腎症の合併を予防することは可能です。

腎症を合併している場合は、早い時期の適切な治療が重要になります。糖尿病性腎症は病期(症状の重症度)によって治療が異なります。
自覚症状のない病期第2期(早期腎症期)の治療が、腎症の進行を食い止め、腎機能回復の治療効果が期待できる時期です。第3期以降は糖尿病の治療をしていても腎症の症状が進行し腎機能の回復も困難で、不十分な糖尿病管理がさらに症状の悪化を加速します。
定期健康診断で糖尿病の予兆を発見し、糖尿病と診断されたら定期的な尿中微量アルブミン検査を受けて、糖尿病腎症を早期に発見して早期の治療を開始することが肝心です。

糖尿病性腎症を発症している場合は網膜症や神経障害も合併していることが多いようです。網膜症は腎症より先に合併発症することが多く、腎機能障害があっても網膜症がない場合は、糖尿病によるものではなく高血圧など別の病気による可能性が高いと考えられます。

※糖尿病性腎症は、糖尿病性網膜症と糖尿病性神経障害に並ぶ糖尿病の3大合併症のひとつです。

※CKDとは「Chronic Kidney Disease」の略語で、慢性腎臓病のことです。糖尿病性腎症は慢性腎臓病(CDK)です。
心臓の機能と腎臓の機能は密接に関係して相互に影響しあっています。この関係を心腎連関と呼びます。心臓が悪くなると腎臓に影響し、腎臓が悪くなると心臓も影響を受けます。心疾患では生命予後は腎臓の機能の影響を受け、腎機能障害では心血管病が主な死因になっています。

 - 糖尿病性腎症

PC用

PC用

  関連記事