糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性神経障害とは

糖尿病性神経障害とは、高血糖状態が続くことで起こる糖尿病の合併症で、末梢神経に障害が起こります。糖尿病性神経障害は糖尿病性ニューロパシーともいいます。糖尿病性神経障害は、糖尿病の合併症の中で最も発症頻度が高く、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症よりも早い時期に現われます。そして、高血糖状態が持続することで症状は悪化します。

知覚神経や運動神経に障害が起こると、しびれ感や痛みが生じたり筋力が低下したりします。更に障害が進むと感覚が鈍くなって冷熱や痛みに対する反応が鈍くなります。火傷(やけど)や傷を負っても気付かずに放置されてしまった結果に感染症を起こして糖尿病性壊疽(えそ)(足趾壊疽)を起こしたり、神経障害性関節症(シャルコー関節)などの原因になります。
自律神経に障害が起こると、めまい・立ちくらみ・発汗異常・内臓の不調・EDが起こります。
感覚神経障害・自律神経障害が絡み合って現れることも少なくありません。

糖尿病性神経障害が起こるメカニズム(発症機序)は解明されていませんが、代謝異常(ポリオール代謝異常・PKC活性異常・酸化ストレス・蛋白糖化)、血管障害(血流の低下や血液性状変化)が主な成因と考えられています。多因子発症で、ポリオール代謝異常は中核になる重要な成因です。

末梢神経とは、中枢神経(脳・脊髄)から出て、手足・目・耳・皮膚・内臓など全身の末端に至るまでの神経のことです。末梢神経は体性神経と自律神経に別れています。体性神経とは、知覚神経(痛みや温度などを脳に伝える神経)と運動神経(自分の意志で動かすことができる神経)で、感覚神経は末端の情報を中枢に伝え、運動神経は中枢の指令を末端に伝えます。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステムを調整しています。

※糖尿病性神経障害は、糖尿病性網膜症と糖尿病性腎症に並ぶ糖尿病の3大合併症のひとつです。

※糖尿病性ニューロパシーのニューロパシーとは末梢神経障害の総称です。

※ポリオール代謝異常:ポリオール代謝は、グルコース(ブドウ糖)がソルビトールを経てフルクトース(果糖)に至る代謝のことです。アルドース還元酵素ARがグルコースをソルビトールに代謝する酵素、ソルビトール脱水素酵素SDHがソルビトールをフルクトースに代謝する酵素です。
慢性的な高血糖が続くと、細胞に入ってくるグルコースの量が増加して、アルドース還元酵素の活性が亢進してソルビトールが増加する一方で、ソルビトール脱水素酵素の活性は上昇しないため、ソルビトールが細胞内に蓄積されてしまいます。すると、細胞内の浸透圧が上昇して水分が流入し、細胞が水分を含んで膨らみます。結果、神経細胞膜のNa+/K+-ATPase活性が低下し、末梢神経の軸索が変性し、電気的刺激伝導が遅れ、糖尿病性神経障害を起こします。障害される神経によって症状が違います。

 - 糖尿病性神経障害

PC用

PC用

  関連記事