糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病と足のしびれ痛み

糖尿病性神経障害でよくいわれるのが、足のしびれと痛みです。糖尿病による足のしびれと痛みは糖尿病性神経障害の分類中の知覚神経障害にあたります。
糖尿病性神経障害の初期に起こりやすい症状で、両足の足首より先の部分にしびれや痛みを感じることが多いです。夜間に灼熱感を伴う自発痛(素足で熱い砂の上を歩く感じや、布団にちょっと触れただけでも強い痛みを感じたりします)や異常感覚(しびれや熱感)が憎悪します。

両足のしびれ・痛み・足の裏に何かが張り付いた感じの症状が数年の間に徐々に現われ始めた場合は、糖尿病性神経障害の可能性があります。糖尿病神経障害は血糖コントロールの悪い状態が数年以上続くと起こります。食事療法や運動療法の治療で血糖をコントロールすると改善されますが、血糖値が高い状態を放置すると長い間に徐々に悪化します。糖尿病末梢神経障害の治療(血糖コントロールと神経障害治療)をしても治りにくく、末梢神経が障害されて知覚(感覚)が鈍磨することで、外傷や感染を自覚するのが遅れて糖尿病性壊疽(えそ)や神経障害性関節症(シャルコー関節)の原因になってしまいます。

糖尿病性神経障害の特徴は、冷感・灼熱感・痛みを伝導する感覚線維である小径線維の障害による感覚障害が優位で、下肢障害が多いことです。足のしびれを代表とする糖尿病性の末梢神経障害が起こる原因は、糖代謝の副経路であるポリオール代謝経路の異常が大きく関与しているとされています。糖尿病に伴う高血糖状態で細胞内グルコース濃度が上昇してポリオール経路の代謝が亢進すると、細胞内にソルビートルが蓄積されて、神経伝達速度が低下し、末梢神経が障害されます。加えて、糖尿病による血管障害(血流の低下や血液の性状変化)で神経細胞が低酸素状態になり末梢神経が障害されます。

※片足だけの痛みや腰痛がある場合は、糖尿病性神経障害ではなく腰の病気の可能性があります。この場合は、整形外科でも診察を受けることをおすすめします。片側の手にしびれや痛みがある場合は、頚椎(首)の病気の可能性が考えられます。この場合も整形外科の診察を受けてください。また、突然片側の手足の麻痺が現われた場合は、脳卒中の可能性がありますから、可及的速やかに内科・神経内科・脳外科の診察を受けてください。

 - 糖尿病性神経障害

PC用

PC用

  関連記事