糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病性神経障害の治療と注意

糖尿病末梢神経障害の治療で最も大切なのは血糖コントロールです。糖尿病末梢神経障害の早期であれば血糖値を正常化するだけでも症状を改善することができます。進行して食事療法・運動療法・インスリン治療による血糖コントロールだけで改善できない場合は、薬物療法が必要になりますし、症状が進行すると治療も難しくなります。

糖尿病末梢神経障害の治療薬としては、神経障害を起こす原因物質(ソルビトール)の産生を抑えるアルドース還元酵素阻害薬を用いたり、症状にあわせて、整腸薬・消炎鎮痛薬・抗不整脈薬・抗痙攣薬・抗うつ薬などが用いられます。
アルドース還元酵素阻害薬による治療で一時的に痛みが悪化することがあるようです。詳しい原因は分かっていませんが、これは治療後神経障害とよばれるものです。痛みが酷くなったからといって自己判断で治療を中止せずに治療を続けることが必要です。

血糖コントロールができていないと、薬物療法の十分な効果は期待できません。夜間に憎悪する手足の痛みは、糖尿病末梢神経障害の初期であれば、血糖コントロールだけでも改善します。糖尿病末梢神経障害の治療の基本は血糖コントロールであることを忘れてはいけません。

糖尿病末梢神経障害で注意しなければならないのは、足のしびれや痛みや冷熱に対する感覚の鈍麻で、気付かないうちにできて悪化してしまう傷や水虫などです。日常生活の中で足をチェックして傷があれば医師に相談して治療をしましょう。
手足のマッサージで血行をよくすることも良いです。立ちくらみ防止に、寝姿勢から一気に起き上がらないようにしたり、長湯は避けましょう。タバコやお酒を飲む人は糖尿病性神経障害が酷くなるといわれています。禁煙をして飲酒を慎みましょう。お酒(アルコール)をたくさん飲む人では、夜眠れないほどの足の痛みで苦労する人も少なくないそうです。

 - 糖尿病性神経障害

PC用

PC用

  関連記事