糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の薬治療の種類

糖尿病の薬治療の種類は、飲み薬(内服薬・経口薬)とインスリン治療(インスリン注射)に大別されます。どの薬物療法をいつ始めるかについては、糖尿病のタイプや症状、合併症の有無や進行状態などを総合して決定されます。
1型糖尿病で血糖をコントロールする治療は、インスリン治療が中心です。2型糖尿病で血糖をコントロールする薬物療法は、食事療法と運動療法だけでは血糖コントロールが不十分なときに追加される治療方法です。2型糖尿病でもインスリン治療が行われることがあります。
血糖コントロールのための薬物治療のほかに、糖尿病の合併症がある場合は末梢神経障害改善剤など合併症を改善する薬が処方されます。

食後高血糖だけの状態かどうか、内因性インスリンの分泌能力があるかどうか、肥満かどうかなど様々な要因を総合的に考慮して、飲み薬の種類や必要量などの飲み方が決まります。
血糖コントロールの飲み薬(内服薬・経口薬)には、経口血糖降下薬、α-グルコシダーゼ阻害剤、インスリン抵抗性改善剤などの薬があります。経口薬治療(飲み薬による治療)は、膵臓からのインスリン分泌を促したりインスリン感受性を高めたり、糖質の吸収を阻害したりして血糖値を下げます。
糖尿病の飲み薬は飲むタイミングを守る必要があります。飲むタイミングを間違うと薬の効果が薄れるだけでなく、逆に低血糖に陥ったりすることがありますから注意が必要です。糖尿病の飲み薬は糖尿病を一時的に改善する薬で、糖尿病を治す薬ではありません。糖尿病の飲み薬を飲み始めたら、長い期間または一生飲み続けることになります。

インスリン療法はインスリンを体外から補充して血糖降下を促す治療です。インスリン治療には自己血糖測定は必須条件と考えられます。この場合のインスリン療法にかかるインスリン薬剤や自己血糖測定器は医療保険で対応できるようです。

 - 糖尿病治療・薬

PC用

PC用

  関連記事