糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の血糖値を下げる薬

糖尿病の薬物療法に、経口血糖降下薬があります。この血糖値を下げる飲み薬の種類には、スルホニル尿素剤、ビグアナイド剤、速効型インスリン分泌促進薬などがあります。よく使われるのが、スルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)です。

糖尿病の血糖値を下げる飲み薬(経口血糖降下薬)

 スルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)

スルホニル尿素剤は、主にインスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島のβ細胞を刺激してインスリンを分泌させる作用があります。だだし、膵臓のインスリンを分泌能力が全くない場合は薬の効果は期待できません。
服用は基本的に食前ですが、食後でもよい考えられています。スルホニル尿素薬の副作用としては服用量が多すぎると低血糖になることがあります。肝臓や腎臓の機能が低下している人や高齢者は副作用に注意が必要です。また、空腹感が強くなったり、長期間の服用で効果が薄れるため服用量が増える傾向にあります。
日本ではスルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)は3世代まであり、ジェネリック医薬品もあります。

 速効型インスリン分泌促進薬

速効型インスリン分泌促進薬として、ナテグリニド製剤やミチグリニド製剤があります。これらの飲み薬は、スルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)と同じくインスリンの分泌を促進します。作用する部位が同じ場所なので、スルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)との併用は殆ど意味がありません。
即効性で作用時間が短いので毎食直前に服用します。食後の服用では効果は期待できません。低血糖を起こしにくいとされていますが、服用後に食事をしないと低血糖起こす危険(副作用)があります。
ナテグリニド製剤やミチグリニド製剤のジェネリック医薬品はありません。

 ビグアナイド剤

ビグアナイド剤は膵臓のβ細胞のインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を示すということになっています。ビグアナイド剤の主な血糖降下作用は末梢での糖利用促進・肝臓での糖新生抑制・腸管からのグルコース吸収抑制といわれていますが、どうして効くのかははっきり解っていないようです。食欲を抑える作用もあるので、肥満の人や過食傾向にある人に適しているといわれています。
ビグアナイド剤は食後に飲みます。スルホニル尿素剤(スルフォニル尿素薬)に比べて、血糖を下げる作用は弱いですが服用による低血糖の副作用はないとされています。ビグアナイド剤の副作用として、食前の服用で胃腸障害(胃の不快感や下痢)がでることがあります。また、肝臓・腎臓・心臓に機能低下がある人や高齢者が服用すると、血中乳酸が増加して吐き気・痙攣を起こして乳酸アシドーシスに陥り最悪昏睡状態になることがあります。
ビグアナイド剤にはジェネリック医薬品があります。

※ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とかゾロ薬などと呼ばれる薬です。医薬品開発メーカーは医薬品の薬成分に関する特許を一定の年月保有し、その期間は他の薬会社は特許料を支払わないとなりません。特許期間が切れると他社でも特許料の支払い義務がなくなり同じ成分で薬を製造できるようになります。それがジェネリック医薬品です。薬の商品名は違っても成分は同じで「同じ効果があるはず」ということになっています。

 - 糖尿病治療・薬

PC用

PC用

  関連記事