糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の食後高血糖を抑える薬

糖尿病の薬物療法に、経口血糖降下薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、インスリン抵抗性改善薬といった飲み薬の種類があります。α-グルコシダーゼ阻害薬とは食後過血糖改善薬とか糖質吸収阻害薬とも呼ばれる飲み薬(経口薬)で、小腸での糖質の分解と吸収を遅らせる作用により、食後高血糖(食後の急激な血糖値の上昇)を抑える働きがあります。

α-グルコシダーゼ阻害薬は結果的に血糖値を下げることを理由に、血糖降下剤の種類に含めていることがあるようです。食事前の血糖値はそれ程高くないけれども食後に血糖値が上がりやすいなど比較的症状が軽い人に適しているとされ、薬物療法を始めるときに選択されることが多い飲み薬です。

α-グルコシダーゼ阻害薬は、ある程度以上のインスリン分泌があることが前提で、食事の直前に飲みます。また、単独で服用する場合や、スルホニル尿素薬の服用やインスリン療法と併用されることもあります。α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用はお腹が張ったりガス(おなら)が出やすくなったりします。単独服用では低血糖を起こすことはないとされていますが、低血糖を起こした場合はブドウ糖を服用するよう指導されることになっています。

 - 糖尿病治療・薬

PC用

PC用

  関連記事