糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病のインスリン抵抗性改善薬

糖尿病の飲み薬による薬物療法として、経口血糖降下薬やα-グルコシダーゼ阻害薬の種類のほかに、インスリン抵抗性改善薬があります。インスリン抵抗性改善薬とはインスリン感受性改善薬とも呼ばれる糖尿病の飲み薬(経口薬)です。
肥満でインスリンに対する感受性が鈍っている人に適しているとされてます。1日1回朝食前または朝食後に経口服用します。

2型糖尿病の原因はインスリン作用の低下です。インスリン作用の低下にはインスリン分泌不全とインスリン抵抗性(インスリン感受性の低下)があります。インスリン抵抗性改善薬はこのインスリン抵抗性を改善することで、膵臓から分泌されるインスリンやインスリン注射などで体外から補給されたインスリンの効果を高めて血糖値を下げる働きをします。

インスリン抵抗性改善薬の副作用は、浮腫(むくみ)・貧血・体重増加・心不全・肝機能障害などです。浮腫(むくみ)は女性に比較的多く現われるようです。血糖降下薬と併用している場合は低血糖にも注意が必要です。

 - 糖尿病治療・薬

PC用

PC用

  関連記事