糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法は、糖尿病治療の基本になる治療方法です。運動療法や薬物療法は、この食事療法が上手く行われていることが前提で効果が得られます。インスリン注射や飲み薬などで糖尿病の薬物治療をしていても、食事療法は必ず行う必要があります。食治療法が不十分では、薬の効果が強くなったり弱くなったりして、安定した血糖値を得ることが難しくなるからです。

2型糖尿病患者の7割以上が食事療法を行うだけでも血糖コントロールが可能といわれています。糖尿病だからといって食べてはいけない食べ物はありません。食事療法で適切なエネルギー摂取を守り、規則正しく、多くの種類の食品を食べるようにします。
日本糖尿病学会の「糖尿病食事療法のための食品交換表」を利用するのも良いです。最近では、糖尿病用のカロリー計算された食事や食材の宅配や糖尿病食のレトルト食品などもありますし、栄養管理がしやすいコンピューターソフトもあります。生活パターンに応じて、これらの糖尿病の食事管理をしやすいサービスを利用するのもひとつの方法です。

糖尿病の食事療法は医師や栄養士の指示に従って行います。血糖値・合併症・肥満度・性別年齢・活動量など糖尿病患者個々人によって、1日当たりのエネルギー摂取量が決められます。このエネルギー摂取量内で栄養素に過不足が生じない食事内容にします。

標準的なエネルギー摂取量(kcal)の計算式は、軽労働または中労働の人では「標準体重(kg)×30(kcal/kg)」、肥満の人では「標準体重(kg)×25(kcal/kg)」です。
標準体重(kg)の計算式は「(身長m×身長m)×22」です。
肥満はBMI(body mass index)が25以上です。BMI値の計算式は「体重kg÷身長m×身長m」です。日本人はBMI値が25~30でも糖尿病・高脂血症・高血圧の発症が多いため、肥満の判断の基準がBMI値25以上になっています。

 - 糖尿病治療・食事

PC用

PC用

  関連記事