糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の運動療法の効果

運動療法は食事療法と並ぶ糖尿病治療の基本です。糖尿病の運動療法の効果には、エネルギー消費による血糖値の低下、インスリン感受性(インスリン抵抗性)の改善による糖代謝の改善があります。
運動することで筋肉を動かすエネルギーとしてブドウ糖(血糖)が筋肉の細胞内に取り込まる結果、血液中のグルコースの量が減少=血糖値が下がります。そして、細胞レベルのインスリンの働きが高まる=インスリン感受性が高くなるので血糖コントロールがしやすくなります。加えて、運動療法によって、脂質代謝の改善による体重の減少(肥満予防改善)、高血圧の改善、心肺機能の改善により体力が増す効果が期待されます。更に運動療法には気分転換によるストレス解消という効果も期待できます。

運動療法を生活習慣に組み込んでしまいましょう。もちろん、運動だけでは血糖のコントロールはできません。食事療法と運動療法を組み合わせて継続することで血糖値をコントロールします。ただし、糖尿病の運動療法には注意事項がいくつかありますし、糖尿病患者によっては運動制限がある場合がありますから、運動を始める前に医師と相談して適切な運動療法でより大きな効果を引き出しましょう。

 - 糖尿病治療・運動

PC用

PC用

  関連記事