糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病の効果的な運動のコツ

糖尿病の効果的な運動のコツは、最初から無理せずに少しずつ強化して、運動を継続できる自分に合った運動を見つけることです。糖尿病の運動療法としておすすめなのが、ウォーキング・ジョギング・水泳などの有酸素運動です。糖尿病の効果的な運動のタイミングは、食後の1時間~1時間半に運動を開始します。食後のこの時間帯に運動を開始すると血糖値の上昇を効果的に抑えることができます。
運動療法で体内の余分なエネルギーを消費することで血糖値は下がり、細胞レベルのインスリンの感受性が高まって血糖コントロールがしやすくなります。糖尿病の運動療法は、血糖値を下げる効果だけでなく、血行不良・ストレスの改善や、心肺機能の向上、脂肪燃焼による肥満予防解消、骨格筋の強化などの効果も期待されます。

糖尿病に適した運動の種類は体全体を動かす運動が適しています。いつでも、どこでも、無理なく続けられる、自分に合った運動を選びます。少し汗ばむ程度で、苦痛なくおしゃべりができる程度の運動を20分以上します。ただし、体調が悪いときや天候がよくないときは無理せず運動を中止または延期します。
糖尿病の効果的な運動療法のコツは食事療法と同様に、継続することで効果を得ることができます。毎日少しずつでも運動をすることが大切です。週末だけとか、運動する日に間隔があきすぎるのは好ましくありません。毎日15分程度何かしらの運動をしましょう。日常生活の中で出来るバーガー体操やブラブラ体操は手軽にできる運動です。

運動と無縁の生活をしていたなら手始めにウォーキングを始めてはいかがでしょうか?「1日1万歩」歩くことが理想です。ですが、いきなり1日1万歩を目標にしても挫折しやすいので、おすすめできません。徐々に歩数を増やして1日1万歩に近づけていきます。ウォーキングは毎日でなくとも週3回とか1日おきといった具合にできる範囲から始めます。

 - 糖尿病治療・運動

PC用

PC用

  関連記事