糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

血糖自己測定と尿糖自己測定

血糖自己測定とは自分で採血をして血糖値を測ることです。糖尿病の治療は血糖コントロールが基本です。血糖値の動きは人によって異なりますし、いつも同じ動き方をするとは限りません。ましてや糖尿病の飲み薬(経口血糖降下薬など)やインスリンの薬治療をしている場合では、血糖値を適正にコントロールするのはもっと複雑になります。特にインスリン療法をしているならば、血糖値を自己管理する必要があり、自己血糖測定(SMBG)は欠かせません。

日常生活の中で血糖値をチェックして、血糖値によってインスリンや食事の調整を可能にするのが自己血糖測定(SMBG)です。自己血糖測定で注意すべきは、使用方法や注意事項を守ることは当然のことですが、自己血糖測定で病院の検査と違っていたり思わぬ数値結果が出た場合は、必ず医師もしくは機器製造メーカーに相談する必要があります。そして、自己血糖測定が血糖コントロールに有効な手段だからといって、定期的に病院で検査を受けることを忘れてはいけません。病院での定期検査が疎かになっている場合は、糖尿病の管理が上手く行われていない傾向にあるようです。

自己血糖測定は、血糖が不安定な人や、食事療法や薬療法の治療効果を見たい・厳格な血糖コントロールをしたいといったケースに有効といえますが、自己血糖測定が健康保険適用になるのはインスリン療法を受けている患者のみです。

自己で糖の状態を知る方法として、血糖自己測定の他に尿糖自己測定があります。一般向けの家庭用尿糖計(尿糖チェッカー)が市販されています。血圧計と同じように購入できます。境界型や軽度の糖尿病の人にとって有用なツールです。

※血糖自己測定=SMBG(Self Monitoring of Blood Glucose)

※尿糖自己測定:通常の尿糖測定は、尿に浸した試験紙の色で高血糖かどうかを判断する方法で、一般の人が高濃度や低濃度の尿糖値の変化を判断するのは難しいです。これを解決したのが尿糖計です。尿糖計では尿糖値の変化が数値化されるため、早期に食後高血糖を見つけたり、食事・運動・薬の効果を容易に確認することができます。尿糖自己測定は、糖尿病の自己管理に役立ちます。

 - 糖尿病の自己管理

PC用

PC用

  関連記事