糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病のシックデイ対策

糖尿病のほかに病気にかかっているときをシックデイと呼びます。シックデイには糖尿病の自己管理がより求められます。糖尿病で血糖コントロールが良好であっても、血糖値が上昇してしまい、病気が重症化しやすくなります。普段の糖尿病の治療だけでは糖尿病のコントロールが難しくななるため、シックデイの対応が大切になります。

糖尿病のシックデイ対策は、シックデイルールに基づいた対応をします。糖尿病のほかの病気とは、風邪などの感染症、胃炎・嘔吐・下痢、火傷や外傷などの急性疾患などあらゆる病気です。
慢性的にインスリン作用不足の糖尿病の人が他の病気になると、その病気を克服しようとして、血糖値を上げるアドレナリンなどのストレスホルモンやサイトカインが分泌されて、血糖値が普段以上に上昇してしまいます。そのような糖尿病以外の病気にかかったときの特別な対応方法を示すのがシックデイルールです。

糖尿病のシックデイの対応を誤ると昏睡など極めて重篤な症状を引き起こすことがありますから、糖尿病患者だけでなく家族など周りの人がシックデイの知識と対応方法を理解して、糖尿病のシックデイルールを守ることが重要になります。

糖尿病のシックデイルール

 安静

暖かくして安静にすることで体力の消耗を防ぎます。

 食事と水分

水分と糖質が不足しないように食事に気をつけます。例えば、風邪をひいたら栄養のあるものをたくさん食べて抵抗力をつけるのがよいといわれていますが、普段と同じ食事ができるのなら特に多く食べる必要はありません。ですが、風邪をひいたりすると食欲がなかったり吐き気がしたりして食事が進まないことが多いものです。糖質の摂取不足は脂肪細胞の分解を促してケトーシスに傾いて食欲不振や消化器の症状を悪化させる悪循環になります。また、発熱・発汗・下痢・嘔吐で水分不足が進みます。
水分を多く摂って、炭水化物(糖質)を摂れる食事にします。食欲がなくとも、お粥・おじや・コンソメスープ・味噌汁・果汁・スポーツ飲料などを小分けにしてでも良いですから、できるだけ摂るようにします。ビタミンCは感染症からの回復を助けてくれます。果物や野菜類もできれば摂ります。

 症状チェック

シックデイには血糖値の把握が大切になります。シックデイでは一般的に血糖値が上昇しますが、血糖値が下がることもあります。体温・食欲・食事量・自覚症状の変化も小まめにチェックします。水分補給や食事で嘔吐・下痢・腹痛を引き起こすときは病院での受診をします。

 主治医に連絡

シックデイでは無理をせずに早めに主治医に連絡をして早めの対応をします。食事が摂れない・下痢や嘔吐が続いている・腹痛が酷い・38℃以上の熱が続いている・改善の兆しが見えない・インスリン注射量や経口薬の服用量が判断できない。このような時は、迷わず主治医に連絡して指示を受けて適切に対応することが必要です。

 - 糖尿病の自己管理

PC用

PC用

  関連記事