糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

糖尿病と旅行時の注意点

糖尿病でも旅行はできます。ただ、糖尿病患者が旅行する際は、糖尿病の管理が上手く行われていることと、出発前に十分な準備を整えることが大切になります。また、旅先では糖尿病の自己管理に普段以上の注意が必要になります。リラックスして旅行を楽しむことも大切です。万全の準備をして楽しい旅行にしましょう。

糖尿病の人の旅行前の準備と旅行中の注意

 旅行前の準備

  • 旅行先について念入りに調べます。
  • 旅程について医師に相談します。食事について栄養士に相談します。
  • 余分にインスリンその他の糖尿病薬を処方してもらいます。
  • 健康保険の契約内容を調べます。
  • 血糖値測定器や糖尿病薬など糖尿病関係の必需品を荷物に入れます。
  • 糖尿病であることを、同行者に話しておきます。

 旅行中の注意

  • 糖尿病手帳や糖尿病カードを携帯します。海外旅行では英文カードを携帯します。
  • インスリンや経口薬などの糖尿病の薬を常に携帯します。また、紛失に備えて、一部を別のバッグに入れたり同行者に持ってもらいます。
  • 万一のために、余分に食品を持ち歩きます。
  • 普段以上に血糖値を計る回数を増やして血糖値を確認します。

 飛行機の中での注意

  • 機内食は糖尿病食にします。普通の機内食ならば、大丈夫なものだけを選んで食べ、必要ならば持参した食品で食事を補います。
  • 飛行機に乗る前に十分水分補給をしておきます。飛行機に乗っている間は、ノンアルコールの飲み物で水分補給をします。
  • 他の乗客に迷惑にならない程度に、できるだけキャビン内を歩きます。

 海外旅行での注意(空港での検査)

  • エックス線の検査を受ける前に、目視検査を未だ受けていないのなら、目視検査を要求します。また、目視検査では、医薬品や備品の破損防止目的に、自分で取り出して並べてもよいかどうか聞きます。
  • 医薬品や備品は、他の小物と区別できるように分けておきます。
  • 医薬品や備品は、ラベルなどで視覚的に何であるかが分かるようにしておきます。

 - 糖尿病の自己管理

PC用

PC用

  関連記事