糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

1型糖尿病の種類

インスリンを分泌するベータ細胞(β細胞)が壊れてしまう1型糖尿病の種類には、自己免疫性と非自己免疫性の糖尿病があります。非自己免疫性糖尿病は、さらに、非自己免疫性劇症型と非自己免疫性慢性型(非劇症型)に分類されます。

自己免疫性の1型糖尿病とは、自己免疫によって膵臓のランゲルハンス島のベータ細胞が破壊される糖尿病のことです。自己免疫性の1型糖尿病では、糖尿病を発症する2~3年前から1型糖尿病に関与する自己抗体が認められ、自己免疫減少によりベータ細胞の破壊が徐々に進行します。

非自己免疫性の糖尿病である非自己免疫性劇症型と非自己免疫性慢性型(非劇症型)の1型糖尿病とは、自己抗体が認められず、自己免疫以外の何らかの原因でベータ細胞が破壊される糖尿病のことです。非自己免疫性劇症型の1型糖尿病では、急激なベータ細胞の破壊がおきている考えられています。

 - 1型糖尿病

PC用

PC用

  関連記事