糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

2型糖尿病の症状

2型糖尿病の症状の典型的なものとして、多尿、脱水、口渇、多飲があります。糖尿病の初期には無症状(自覚症状がない)のことが多く、糖尿病の症状を自覚するときには糖尿病がかなり進んで合併症のリスクが高まっています。

2型糖尿病の症状には、高血糖が高浸透圧利尿をもたらすことによる多尿・脱水・口渇・多飲といった典型的な糖尿病の症状の他に、身体倦怠感・体重の減少・多食などがあります。
尿中に多量の糖が排出されることは体内でブドウ糖がエネルギー源として代謝されなかったことを指しますから、ブドウ糖の代わりに脂質やタンパク質を代謝してエネルギー源にする結果、体重の減少や倦怠感といた症状が現われます。この段階で食事療法で高血糖を抑えることができれば症状は改善します。ただ、摂食中枢が鈍い状態になっているため、高血糖なのに摂食中枢が「食べなさい」という指令を出し、満腹中枢も鈍感になっているため満腹感を得られず多食になり、更に高血糖を上昇させるという悪循環が生まれることが多いようです。

高齢者の2型糖尿病患者では、感染やストレスが引き金となって発症する高血糖高浸透圧性昏睡という状態に陥り、著しい高血糖と脱水や痙攣の症状を呈することがあります。因みに、1型糖尿病に多いとされる糖尿病昏睡はケトアシドーシス昏睡です。

 - 2型糖尿病

PC用

PC用

  関連記事