糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

妊娠糖尿病になる原因

妊娠糖尿病になる原因はいくつかあります。妊娠時は、胎盤が産生するインスリン拮抗ホルモンによって、妊娠中期以後にインスリン抵抗性が生じて、血糖値が上昇しやすい状態になります。
妊娠すると胎盤でエストロゲン・プロゲステロン・ヒト胎盤ラクトゲンなどの産生や増加がおこります。妊娠を順調に進めようとするこれらホルモンはインスリン拮抗ホルモンでもあるため、インスリン感受性を低下(インスリンが効きにくい状態=インスリン抵抗性)させてしまいます。
通常はインスリン抵抗性がある時期には、膵臓からインスリンを多く分泌して血糖値の上昇を抑えるよう調節するのですが、インスリン分泌が十分でない妊婦の場合は、インスリン不足から血糖値が高くなってしまい妊娠糖尿病になりやすい状態になります。

加えて、胎盤そのものがインスリンを破壊するタンパク分解酵素を産生することも妊娠糖尿病になる原因になります。また妊娠中は、胎児に母体からブドウ糖が送られるため、母体のブドウ糖不足を補うために脂質代謝が促進されます。この代謝の変化も妊娠糖尿病になる原因になります。

このように、妊娠中は妊娠していないときよりもより多くのインスリンが必要になり、血糖値が高くなりやすい状態であることから、糖尿病になりやすい素因のある場合は妊娠糖尿病になりやすくなります。例えば、肥満傾向にある、家族や親族に糖尿病の人がいる、先天性異常児や巨大児の出産歴がある、流産・早産の経験がある、35歳以上である、などの場合は血糖値が上昇しやすく妊娠糖尿病になりやすい人といえます。

 - 妊娠糖尿病

PC用

PC用

  関連記事