糖尿病情報館

糖尿病の症状・原因・治療・合併症などの情報です。糖尿病の基礎知識は糖尿病の予防や改善への一歩です。

妊娠中の糖代謝異常の診断基準

妊娠中の糖代謝異常である、妊娠糖尿病(GDM)、妊娠中の明らかな糖尿病、糖尿病合併妊娠には、それぞれ診断基準がありますが、妊娠していない人の基準とは異なります。出産後に改めて「糖尿病の診断基準」に基づく再診断が必要です。

妊娠糖尿病は妊婦の約1割の確率で発症します。それほど珍しいものではありませんが、血糖値の上昇に伴って母子に対するリスクが高くなりますから、注意が必要です。妊娠糖尿病のスクリーニングは妊娠初期から開始されます。妊娠糖尿病の検査結果で異常が認められれば治療が必要と診断されます。妊娠糖尿病の多くは一過性のものですが、出産後に再度血糖値検査を行って、正常(正常型)に戻っているかどうかの確認をします。

妊娠初期から糖尿病域の高い血糖値の場合は、妊娠する前に既に糖尿病の可能性が高く、妊娠前の糖尿病が見逃されていることがあります。妊娠中の明らかな糖尿病には、このような見逃された糖尿病や、妊娠中の糖代謝の変化の影響を受けた糖代謝異常、妊娠中に発症した1型糖尿病が含まれます。

妊娠糖尿病の診断基準

次の基準値のうち、1つ以上を満たすと妊娠糖尿病と診断されます。

  • 空腹時血糖値:92mg/dl以上
  • ブドウ糖負荷後1時間値:180mg/dl以上
  • ブドウ糖負荷後2時間値:153mg/dl以上

妊娠中の明らかな糖尿病の診断基準

次の基準値のうち、いづれかを満たすと妊娠中の明らかな糖尿病と診断されます。随時血糖値が200mg/dl以上あるいはブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dl以上の場合は、妊娠中の明らかな糖尿病の可能性を疑い、空腹時血糖値またはHbA1c値が確認されます。

  • 空腹時血糖値:126mg/dl以上
  • HbA1c値:6.5%

糖尿病合併妊娠の診断基準

  • 妊娠前に既に診断されている糖尿病
  • 確実な糖尿病網膜症がある

 - 妊娠糖尿病

PC用

PC用

  関連記事